ワセリンで花粉症対策!塗り方と種類まとめ!おすすめのワセリンはコレ

ワセリンが花粉症に効果的だと、
多くの人が試しているそうですね。
ですが、塗り方やワセリンの種類に迷う、
という人も多いとか。

今回は、花粉症対策になるワセリンの塗り方と、
おすすめのワセリンの種類について
まとめてみました^^

スポンサードリンク

花粉症対策になるおすすめのワセリンの種類

ではまず、花粉症対策に使う、
おすすめのワセリンの種類から
書いていきたいと思います。

ワセリンを始めて使う人は、
ワセリンを購入するときに
その種類の多さに驚き、
どのワセリンを使えばいいか迷うはず。

ワセリンにはいくつか種類がありますが
今回の花粉症対策としては肌に塗るため、
肌への負担がかかりにくいタイプがおすすめ。

肌への負担が少ないワセリンの種類として
具体的に言うと、

・白色ワセリン
・プロペト
・サンホワイト

の三種類となります。

この三種類の中で一番手ごろな値段で
買いやすくておすすめなのは白色ワセリン。

「白色ワセリン」という名前で販売されていたり、
「ベビーワセリン」「白色ワセリンソフト」という
商品名で販売されていたりします。

迷ったときには、成分表を見てみましょう。
「白色ワセリン」と書いてあればOKです。
(白色ワセリン以外の成分が多いものは
避けた方が無難です)

スポンサードリンク

プロペト、サンホワイトは白色ワセリンよりも
精製度が高いのでより肌にやさしいですが、
やや値段が高く、手に入りにくいのが難点。

よっぽど肌が弱い人でない限り、白色ワセリンで問題ないです。
(私は敏感肌ですが、白色ワセリンが使えました)

花粉症対策のワセリンの塗り方

では、ワセリンを選んだら
さっそく花粉症対策のために
顔に塗っていきましょう。

ワセリンで行う花粉症対策とは、
目や鼻にワセリンを塗ることで
花粉を目や鼻の付近でブロックし、
近づけさせない、ということ。

花粉が鼻や目の中に入らなければ
花粉に反応するアレルギー症状が
出にくくなりますからね。

では、花粉症対策の
ワセリンの塗り方を具体的に解説していきます。

塗りすぎるとベタベタするので
少量指にとって温めてから塗るようにしましょう。

いずれの場合でも、ワセリンが落ちてきたと感じたら
塗りなおすようにすると効果が持続します。
たいだい3~4時間おきに塗りなおせるといいですね。

スポンサードリンク

・目のまわりに塗る

目の周囲にワセリンを塗ります。
(まぶた、まぶたの上、目の下)

目のまわりにワセリンがあることで、
目に入る花粉をそこでキャッチし
ブロックするはたらきがあります。

・鼻のまわりに塗る

鼻の周囲にもワセリンを塗ります。
(小鼻の横、鼻の下)

上と同じ理由で、鼻の中に
花粉が入るのを防いでくれます。

・鼻の中に塗る

一番効果的な塗り方です。
鼻の中には多めに塗りましょう。
(綿棒などにとって塗ると塗りやすい)

鼻の中にワセリンがあると、
鼻に入ってきた花粉をそれ以上進入させないように
ブロックしてくれるので、
かなりの花粉症対策になるそうです。

いかがでしょうか?

目や鼻に塗るだけで花粉症を楽にしてくれるなんて、
こんなに手軽で安全な対策法ないですよね。

毎年花粉に苦しんでいる方は、
是非参考にしてみてくださいね^^

以上、「ワセリンで花粉症対策!塗り方と種類まとめ!
おすすめのワセリンはコレ」
でした!

スポンサードリンク

関連記事

ワセリンの顔への塗り方!量は少なく、押しづけするのがベタつかないポイント

ワセリンは髪にも使える!おすすめの3つの使い方と落とし方

ワセリンの顔への効果がスゴい!知っておきたい5つの便利な使い方

赤ちゃんに!ワセリンの3つの使い方!少量つけるのが最大のポイント

ワセリンの使い方【マラソン編】 選び方と塗る場所まとめ!

白色ワセリンの使い方とその効果!保湿だけではない、知っておきたい便利さ